忍者ブログ
舞踊家 ライトワーカー アロマテラピスト 東京は下町生まれのただのお姉ちゃん そんなコーヒー好きでグルメな Crystal のつぶやきリラックス日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

下記は公に流れている情報でしたのでアップします
社会に依存している私たち 何が真実なのか知って行く必要性 
そして探求 本当の事実って何でしょう・・・・・・
【今とこれから産まれてくる子供達はどう生きればいいでしょう?】

             

日本国家の将来はどうなっていくのか。年金問題をはじめ、あらゆる方面にて大きな問題に直面している。すでに解決策は現状の国家では見出せない程にまで、放置してきていたのである。救急車ですぐに病院に搬送されるはずの救急患者が受け入れる病院が見つからず搬送されない事実。大規模病院の経営破綻。年金着服をはじめとした年金問題。

書き出せばキリ無く出てくる問題である。特に病院問題はかなり深刻になっている。医療が崩壊しようとしているのである。それは厚生労働省による曖昧な国民健康保険制度があるためで、すべての診療に対し、グレーゾーンがある。健康保険診療範疇なのか、範疇では無いのかという問題であり、このグレーゾーンにより、病院は経営破綻に追い込まれている。厚生労働省の担当者とは、数年毎に代わっていく。数年に病院への監査が入るのであるが、その際に担当者が異なるため、担当者の判断により、グレーゾーンが変動するのである。前回は健康保険診療範疇であった内容が、今回は健康保険診療範疇では無いとされたりするのである。そのため、健康保険診療ではないという事になった場合、病院はかなりの額を厚生労働省から請求される事になる。


例えばある大規模病院では口腔外科にてインプラントの診療をしていた。インプラントを入れる前に処置しなければならない虫歯や歯茎の処置などがあるが、可能な診療を健康保険診療としていた。患者にとり、自己負担がかなり減るためである。しかし、幾年にも渡り良しとされて来た診療が突然不可となったのである。今現在の診療だけではなく、前回と前々回の厚生労働省の監査では良しとされて来た診療も過去に遡り不可になったのである。億単位にて厚生労働省への支払いを命じられた病院側は、患者への追加請求はせずに、支払う事となった。口腔外科そのものもその病院では閉鎖が決定されている。そして、病院は、保険指定取消となり、患者は激減する事が目に見えており、経営は破綻する方向に向かっている。口腔外科の医師も保険診療指定医を取消となる。

すべては、厚生労働省による健康保険診療の規定の曖昧さから来ているのである。グレーゾーンをつくり、都合良くペナルティを着せ、追徴請求をするのである。その様にして厚生労働省は使いすぎた費用の穴埋めをしているのである。そして、大規模病院は経営破綻となり、病院は閉鎖して行くのである。病院が閉鎖をするという事は、地域医療の妨げとなるだけではなく、大規模病院としての救命救急受け入れ態勢にも問題が生じてくるのである。そのために、偏りが生じてしまうのである。数年前には都内のある繁華街に近い大規模病院が救急医療認定を取り消された。このことにより、救命救急の受け入れが出来なくなった時期がある。そのために繁華街から救急搬送が非常に困難になり、昼夜関わらず大渋滞のため、患者の搬送に30分以上かかるという事が発生していたのである。

この様に、病院側も医師側も診療に対し、非常に困難を来たしているのである。肝心な厚生労働省はこのグレーゾーンという問題には触れず、すべてを病院側と医師側の責としているのである。このままでは、国家の破綻以前に、医療が崩壊する事になる。医師側も患者にとり最適な診察が出来なくなる可能性が高いのである。これらもすべて、国民からの税金を過剰に使い込みをしたためである。そしてその埋め合わせを大規模病院側からの追徴請求などにより行っている。これらは国民年金も含めてのことである。

すべてにおいて、国民からの税金や年金などを無駄に使用した事から始まっていたのである。そして通常の会社であれば経営として使った分は利益になる様に努力をするのであるが、あるところから支払わせ、埋め合わせるという方法をとって来たのである。国民一人当たりの国の借金は、今現在国の負債高(国債及び借入金並びに政府保証債務現在高)836兆5213億円とし、国民一人当たり654万8112円となっている(2007年6月末現在)。この負債は増える一方であり、各省庁の体制を変えたとしても、利子すら払いきれない状態となる。また体制も抜本的に変えようとしている部分はかなり少ない。

このために、今は大規模な病院や企業などから追徴請求などをしているが、次は消費税などとして、一般国民がターゲットとなる。消費者として買い物を躊躇する様になる。そうなれば、日本経済の流れも大きく滞るのである。それだけ、国家は後回しにして放置しすぎたのである。またそこに国民も気付こうとしなかったのである。そして日本全体で後回しにした結果の事である。通常の会社であれば、破綻している現状である。

国民として、深く国家の現状を知る必要がある。そして、自分自身にて、自立をしていく必要があるのである。以前から伝えているように、一粒の砂としての歩みと道のりが重要なのである。何があっても、自分自身にて道のりを見出していけるように、道を切り開いていく事である。
(2007)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/11 Crystal]
[09/20 lotusflower823]
[04/06 Crystal]
[03/11 ソフィー]
[04/08 Crystal]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Crystal
性別:
女性
職業:
舞踊家 ライトワーカー アロマテラピスト その他
趣味:
衣 食 住 宇宙に想いを馳せること
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]