忍者ブログ
舞踊家 ライトワーカー アロマテラピスト 東京は下町生まれのただのお姉ちゃん そんなコーヒー好きでグルメな Crystal のつぶやきリラックス日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

探求シリーズです

今回も子供についてコピペさせていただきました

ちょっと衝撃的な私話しで恐縮ですが・・・ いや同じような経験のある方もいらっしゃるのでは・・・
わたくしCrystalはドッジポールが非常に苦手でした
あのゲームは「戦争だ!」と思っていたくらいです
私は球技が大の苦手であり 体育の男性講師はそれを良く知っていました
ところがある日10代の頃 私の番になり投げたのですが ボールを投げる力が弱いと言うことが理由で暴行を受けたことがあるのです
他の教師達は完全にこの状況に「かかわりたくない」ために無視をし
その次がすごかったのですが
私を職員室の殴った教師の前に他の教師がわざわざ連れて行き「誤りなさい」とたしなめる様に言ったのですーーーー!
長い間私は無言でしたが 内心「ここではこの状況はどうにもならなそうだし 反抗すれば又殴られるのかも知れないし・・」と判断し小さな声で「すみません」と言ってしまったわけです
こちらが誤るのはおかしな話しですが 
そのとき考えたのは「この人達は完全に狂っている、正義を貫くよりも身の保全のために ここは一まずこのまま通リ抜けてしまおう」と思ったのです 自分の身は自分で守るしかない・・・私はまだ小さいし力もないしと 
あの張り詰めた空気の中で子供の私が出来る事は「嘘で謝る」ことだけだったのであります
(さっさと家に帰ってしまえば良かったのかも知れないですね・・・と後で考えたり 落ち着いた子供でした)

子供の環境は教師から無視されることだけではなく
教師の個人的なストレス感情のはけ口として 生徒を奴隷化することがあると思います これは正に軍隊です
これは親子の関係でも子供同士のいじめでもありえます
この教師1人の問題ではなく かなり多くの方々がそうなってしまうほどの生き方しか出来なくなっている世の中が問題です

いろいろな状況を踏まえて未来作りに虹の橋を架けるため進んで行きたいと思います
・・・最近自分の話を暴露し始めているCrystalです(笑)火で浄化

                       


溜池山王駅付近に高層マンション(80mm2以上)の衆議院議員宿舎が完成した。家賃月9万円余りであり、スカイラウンジまでが最上階に用意されている。

この様な予算が国に存在していながら、子供達の悲鳴は何も解決されていない。あと2年後には母子家庭への補助金も半額となる。
生活保護者へも同様の措置となる。お金のある所には、余裕を持たせる様な優遇措置をしておきながら、母子家庭など時給をはるかに超える保育施設費用を払い、仕事をしていかなければならない現状はどの様に解決していけばいいのか。

離婚後の養育費の支払いも激減している中においてのことであり、気持ちにゆとりも持てない様に国が仕向けている。弱者に対して悪化する様な対処しかしないのである。その様な国家がいじめ問題を解決していけるはずがない。

いじめホットラインですら、教師と大差ない教育委員会が受けているのである。子供達の悲痛な声はそこには届かない。高校生のいじめ問題も教員室に逃げながら、教師達は何も対処出来なかった。教師達も子供達の事が怖いのである。自分には災いが降りかからない様に何事も無かった様に大人しくしているしか出来ないのである。

今では幼稚園にまで存在しているいじめであるが、集団の中において、全員に同じことをさせるという心に歪みが生じる様な教育をしているために、起こる歪んだストレス発散方法なのである。そこには悪気というより、自分がすっきりしたいから、いじめるケースが多い。

子供達は時間割に毎日拘束され、その時間にしたくない事をする様に仕向けられ牛耳られているのである。子供達は外が晴れていれば、自由に外を走り回りたいはずである。その様な本能を押しつぶして、詰め込まれている学校教育なのである。

小学1年生で、家に帰る時間が15時頃になり、その後宿題をしなければならず、遊ぶ時間も殆ど無いという現状が存在する事事態、異常なのである。子供達が心の豊かさを学ぶ時間など、そこには存在しないのである。

それでは子供達は学校ではなく家で心の豊かさを両親から学べばいいではないかと思われるかもしれないが、家にいて、家族団らんの時間は殆ど無いのである。その時間を家庭に持たせようとするのであれば、宿題は無くすことからはじめなければならない。競争社会において、塾に通わなければ学力を向上出来ない様な学校のカリキュラムも欠点だらけなのである。

その中において、子供達が両親とのコミュニケーションによる心の豊かさが育つはずがないのである。時間が無さ過ぎるのである。
さらに、大人たちも働かなければ家計を維持できない苦しい現状も存在しており、家計にゆとりがある家庭との格差が大きく開いているのである。

公には景気は良い状態となっているが、大手企業だけなのである。
資金力のあるところに経済の流れが循環しているだけなのである。
そこから中小へは循環しておらず、大手企業も下請けなどの経費は削減しているのである。そのために賃金格差も激しくなっており、個人商店や個人経営の人達にとっては、将来は何の保障もないのが現状なのである。

この様な状態の中で、子供達は成長しなければならないのである。
教育にも塾通いなどの差が出ているため、同学年においても学力の差が歴然としているのである。勉強をしなければならない、将来就職もできないという強迫観念が子供達の潜在意識に植えつけられ、子供達は、自分の好きなことを探し、それを伸ばしていくゆとりすら無いのである。

ここにある小学1年生の少年が存在しているが、教育委員会と学校との話し合いによりホームスクールにて自由に過ごしている子供がいる。その子供は特に教えている訳ではないが、自分が知りたい事、興味ある事に意識を向けているうちに、自然に漢字も読める様になっている。好きな時間に好きな事が出来るのである学校に行かなくても、自由に自分で必要な事は覚えているのである。

もちろん、子供の個性に合わせて様々なスタイルは必要である。ひとつの例ではあるが、もし、学校にていじめられていたり、思い悩んでいる事があれば 心の整理が出来るまで、学校に行かないというのもひとつの手段である。登校拒否ではなく、フリースクール、ホームスクール(ホームエデュケーション)というスタイルなのである。

登校拒否という言い方は、差別用語でしかなく、子供の気持ちを萎縮させてしまうのである。また、登校拒否という言葉を使用する事により、学校に強制的に戻させるコントロールや呪縛をかける事になり兼ねないのである。子供達には選択の自由、教育の自由が保障されているはずなのである。

義務教育という名のもとに、国から生徒1人あたりかなりの額の年間予算が学校に支払われているのである。ホームスクールを全面的に容認してしまえば、国から生徒に支払われる費用は家庭に支払わなければ意味をなさなくなるのである。

国はどこまで子供達のいじめ問題、学校問題から逃げるのか。これからの日本の未来を築いていく子供達の未来への希望を閉ざしたままで良いのか。未来は閉ざされていく一方なのである。このままでは、福祉関連の予算は削減される一方でありながら、軍事関連への予算は増大され、軍隊が復活するごとく、日本は変貌していくのである。

※ホームスクールはそれぞれの家庭状況にもより難しさは多々ある為、選択肢を広げる必要性がある。

                                        (2006)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/11 Crystal]
[09/20 lotusflower823]
[04/06 Crystal]
[03/11 ソフィー]
[04/08 Crystal]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Crystal
性別:
女性
職業:
舞踊家 ライトワーカー アロマテラピスト その他
趣味:
衣 食 住 宇宙に想いを馳せること
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]